フリップ3D

「Windows」キーを押したまま、「Tab」キーをポンポンと押すと、手前のウィンドウが切り変わります。

一度、「Windows」キーと「Tab」キーを使ってフリップ3Dを表示したあとは、「Windows」キーを押したまま マウスのホイールボタンでもOKです。
ホイールボタンを先に回したり、手前に回したりしてみてください。
キーボードから手を離すと、一番手前のウィンドウがアクティブになります。

各ウィンドウは最小化の状態でもOKです。

フリップ3Dが体験できない場合は、もともとAeroの機能がついていないか、Aeroの設定が無効になっている可能性があります。
Aeroについては、AeroAeroを無効にするにはを参照してください。