IPv6を無効にする

ルータ(B・・・の有線)がVista対応予定のせいかどうかわからないけど、
デュアルブートしてるXPとVistaをリブートするたびにルータの電源を抜き差ししないとネットに接続できない現象が続いてた。
だからVistaを起動するのも億劫になってたんだけど・・・
他に原因があるかもしれないと思って、アドバイスを受けながらいろいろ検証してみた。
コマンドプロンプトで「ipconfig」と打ってみたり・・・
その中にIPv6のアドレスがあることがわかって、VistaのIPv6を無効にする設定をしてみた。
参考にしたサイト↓
http://www.microsoft.com/japan/technet/community/columns/cableguy/cg0506.mspx

スタートメニューの「コントロールパネル」→「ネットワークと共有センター」を選択して開きます。
「接続の表示」をクリック。
プロパティをクリックします。
既定ではIPv4とIPv6のチェックがオンになっています。ここのチェックを外しました。

それでも不接続になる。上のサイトを参考にレジストリもいじりました。
あっ、始めにレジストリをいじったのですが・・・
はじめこの設定画面を見つけられなくて、レジストリをいじったのです。
それでもだめ!
VistaだけIPアドレスを固定しました。
そうすると、電源の抜き差しはしなくても、一瞬不接続にはなるのですが
ルータ側で自動的に再接続してくれるようになりました。
VistaとXPのデュアルブートは問題あるかも?
復元機能もつかえないし・・・
削除したファイルの復元に書いてます。
ローカルのネットワークもVistaからMacだけが覗けない。 またファイヤーウォールの設定かなぁー。
MacからはOKなんですけどねぇ。
あっ、WinXP(ノート)、Mac(ノート)、デスクトップにXPとVistaのデュアルブートしてます。
2/1
ルータのファームウェアーのバージョンアップをしたら、ネット接続も落ち着いたようです。IPv6は初期の状態に戻しました。レジストリも。
4/8
VistaからMacを見れるようになりました。Macとの共有設定を参照してください。

あなたへのおすすめ


更新情報