Snipping Toolで画面をキャプチャ

Vistaの新機能として、画面のキャプチャー機能があります。
これまでキーボードのPrintScreenキーを押してキャプチャしたり、あるいはソフトを使ったりしていたと思いますが・・・
PrintScreenキーを使って、キャプチャする方法は画面を張り付けようを参照してください。

Snipping Toolでは、PowerPointのようにペンで書き込んだり、蛍光ペンで強調表示したりすることもできます。

「すべてのプログラム」をポイントします。
XPではスタートメニューの横にサブメニューが広がっていましたが、Vistaは同じメニュー内の表示が切り替わります。
メニューの中から「アクセサリ」をクリックします。
Snipping Toolをクリックします。
ウィンドウ全体が薄く膜がかかったような白い画面になり、Snipping Toolウィンドウが表示されます。

「新規作成」の▼ボタンをクリックすると、「自由形式の領域切り取り」、「四角形の領域切り取り」、「ウィンドウの領域切り取り」、「全画面領域切り取り」の4つのメニューから選択することができます。


「四角形の領域切り取り」を選択して、キャプチャしたい領域をマウスでドラッグします。

すると、すぐ↓のようにウィンドウが現れます。
コマンドバーの「ペン」、「蛍光ペン」、「消しゴム」ツールを使ってキャプチャした画像に文字を書き込んだりすることができます。


ペンの横の▼ボタンをクリックして、色を変えることもできます。
「カスタマイズ」をクリックすると、「カスタムペン」を作成することができます。


赤いペンで丸印を、蛍光ペンでカレンダーをドラッグしてみました。


そのほか、コマンドバーには「切り取り領域の保存」、「コピー」、「切り取り領域の送信」ボタンがあります。
メニューバーの「ツール」→「オプション」をクリックします。
「Snipping Tool オプション」ダイアログボックスが表示されます。
ここでもいろいろな設定をすることができます。
メニューバーの「ファイル」から「名前をつけて保存」をクリック。あるいはコマンドバーの「切り取り領域の保存」ボタンをクリックします。
「名前を付けて保存」ダイアログボックスが表示されます。「HTML」、「PNG」、「GIF」、「JPG」のいずれかで保存することができます。

プルダウンメニューをキャプチャする方法は、Snipping Toolでメニューをキャプチャで解説しています。

あなたへのおすすめ


更新情報