USBメモリで高速化

Vistaでは、USBメモリをキャッシュメモリとして使用することができるとのこと。
さっそく空っぽの512MBのUSBメモリを差し込んでみた。
「システムの高速化」という項目があったので、それをクリック。
でも、↓のウィンドウが表示されました。
「このデバイスには、システムの高速化に使用される必要なパフォーマンス特性がありません。」ですって!「Windows Ready Boot対応」のUSBメモリというのがあるらしいです。
またSDカードなども利用できるようです。
↓Microsoftのヘルプも参照してください。
Windows Vista ヘルプ 記憶装置のメモリを使用してコンピュータの速度を向上する
Windows Vista ヘルプ 記憶装置に対する ReadyBoost の有効-無効の切り替え