ズーム機能

Internet Explorer 7には、ズーム機能があります。
ウィンドウの右下、ステータスバーに「拡大レベルの変更」ボタンがあります。
クリックするごとに「100%」「125%」「150%」と変化します。


▼ボタンをクリックすると、↓のようなメニューが表示されます。
拡大は「Ctrl」キーと「+」キー、縮小は「Ctrl」キーと「-」キーでもできるんですね。
この他、「Ctrl」キーを押したまま マウスのスクロールボタンを回す方法もあります。
(さっき、文字サイズを大きくしようと「Ctrl」キーを押したまま スクロールしてたら どんどん大きくなるのでびっくりしてしまいました。)
メニューでは、50%から400%の範囲で選択できるようになっています。

「カスタム」をクリックすると、 「拡大率の指定」ダイアログボックスが表示されます。
最高は、1000%です。

Internet Explorer6では、文字サイズの変更はできましたが、文字だけが大きくなって画像はそのままなので、レイアウトがくずれてしまうことがありました。
もちろん、Internet Explorer 7も メニューバーの「表示」→「文字サイズ」から文字サイズを変更することができます。 メニューバーを表示するには、メニューバーの表示を参照してください。

ただ、サイトによっては変更できないこともあります。↓を参照してください。
Windows Vista 上の Internet Explorer 7 で文字サイズの変更が保持されない