予測入力の設定

予測入力機能は便利ですね。
はじめの数文字で予測変換メニューが表示され、その中から選択することができます。
携帯のメールで使ってるのと同じようなものです。
IME2007予測候補の表示で紹介しています。

この予測入力機能も使いやすいように設定することができます。

IMEツールバーの「ツール」をクリックします。
メニューから「プロパティ」をクリックします。

「Microsoft Office IME 2007 のプロパティ」ダイアログボックスが表示されます。
「予測入力」タブをクリックします。
「設定」では予測入力を使用するか、しないかの設定ができます。

「入力履歴」では、既定では「メモリに保存する」になっています。これだと、パソコンを再起動したときに履歴は消えてしまいます。
「ファイルに保存する」を選択すると、履歴を保存できるのでより便利に使えると思います。
ただ何人かで同じパソコンを使う場合は、気をつけたほうがいいかもしれませんね。
「入力履歴の消去」ボタンで履歴を削除することができます。

「ヒント表示」の未確定文字列の長さも設定することができます。
ヒント表示の表示位置もカスタマイズすることができます。
表示位置の▼ボタンをクリックすると、↓のようにメニューが表示されます。

また、入力履歴の「ファイルに保存する」を選択すると、自動的に「プライバシー」タブの「予測入力のための履歴をファイルに保存する」のチェックボックスがオンになります。
反対に「プライバシー」タブから設定しても、「予測入力」タブのほうも「ファイルに保存する」が選択されます。

あなたへのおすすめ


更新情報