Journal ノートライタ

スタートメニューの「コントロールパネル」をクリックして、コントロールパネルから「プリンタ」をクリックします。
「プリンタ」の中に「Jounal ノートライタ」があります。

Excelブックをこのプリンタにドラッグします。

そうすると、「名前を付けて保存」ダイアログボックスが現れます。
ファイルの種類が「Windows Jounal ノート」になっていることを確認します。
「ノートを表示する」のチェックボックスはオンのままにします。
「ファイル名」をつけて、「保存」ボタンをクリックします。
Windows Jounalが起動して、ペンや蛍光ペンなどを使って編集することができます。
Windows Jounalの使い方については、Windows Jounalを参照してください。
また、アプリケーションを起動して 印刷時にJNTファイルとして保存することもできます。
Officeボタンをクリックして「印刷」→「印刷」をクリックします。
「印刷」ダイアログボックスのプリンタ名で「Journal ノートライタ」を選択します。
上と同じように「名前を付けて保存」ダイアログボックスが表示されます。
保存先のフォルダを開くと↓のようなアイコンがあります。JNTファイルとして保存されています。