Outlook連絡先辞書の活用

Outlookの連絡先に登録した姓や名を変換候補の中に表示することができます。
Outlookの連絡先を開いて、姓と名を登録します。メールアドレス等も登録して保存して閉じます。
メールアドレスかFAX番号の登録がないと表示できないようです。
IME 2007 の変換候補に Outlook 2007 の連絡先が表示されない


IMEツールバーの「ツール」から「プロパティ」をクリックします。
「Microsoft Office IME 2007 のプロパティ」ダイアログボックスの「辞書/学習」タブをクリックします。
「システム辞書」の「Outlook連絡先辞書(姓)」を選択して、「辞書の設定」でチェックボックスがオンになっているかどうかを確認します。そして、「詳細設定」ボタンをクリックします。


「Outlook 連絡先辞書(姓)の設定」ダイアログボックスが表示されるので、「辞書の更新」ボタンをクリックします。次に「辞書を更新します」と表示されますので「OK」ボタンをクリックします。
そして、「Outlook 連絡先辞書(姓)の設定」ダイアログボックスの「閉じる」ボタンをクリックして、閉じます。
「Microsoft Office IME 2007 のプロパティ」ダイアログボックスも「OK」ボタンをクリックして閉じます。
「はま」と入力して「スペース」キーで変換すると、一覧の中の「破魔」に拡張コメントが表示されます。
名前をクリックすると、↓のように「破魔 ぱそ子」と入力することができます。

「システム辞書」の「Outlook連絡先辞書(名)」も設定しておくと、名からも変換候補一覧に表示することができます。
既定で連絡先辞書を活用できるようになっていると思います。
またデータの同期も自動的に行われます。
人の名前は間違えたくないですし、難しい漢字の姓名の場合は便利です。