テーブルの作成

Excel2003でのリストの作成と似ています。
というか、2007では名前がリストからテーブルに変更されました。

テーブルにしたい表内でクリックします。

「挿入」タブの「テーブル」をクリックします。
範囲が自動的に 認識されるので間違いないか確認します。
「先頭行をテーブルの見出しとして使用する」のチェックボックスがオンになっているのを確認します。
既定ではオンになっています。「OK」ボタンをクリックします。

↓のようにテーブルが作成され、自動的にオートフィルタが有効になっています。
「デザインツール」の「デザイン」タブが有効になり 、テーブルのデザインをすぐにカスタマイズできます。
「先頭行をテーブルの見出しとして使用する」のチェックボックスがオフにすると、↓のようになります。
「テーブルツール」の「デザイン」タブー「テーブルスタイル」の▼ボタンをクリックすると、スタイルの一覧を表示して見ることができます。
任意のスタイルをポイントするとテーブルに反映されます。クリックして簡単にスタイルを変更することができます。
見出し行の左端のセルを空白にするには、セルを選択して「スペース」キーを押します。
見出し行は、スクロールしても常に表示されます。↓のように列番号が見出し行の名前に変わります。
(ただし、空白を挿入して「列1」の文字が消えた状態では表示されません。)
「デザイン」タブの「集計行」をクリックすると、表の下に集計行が自動的に追加されます。
集計行の▼ボタンをクリックすると、「平均」や「データの個数」などを選択することができます。
↓は、セルE9に挿入された関数を右側の列へオートフィルでコピーしています。

また、先頭行の集計列に関数を入力すると、「Enter」キーを押すだけでテーブル内の残りの行にも同じ関数が入力されます。
テーブルの機能 
***************************************
テーブルを解除する場合は、テーブル内でクリックして、「デザイン」タブの「ツール」グループの「範囲に変換」をクリックします。「テーブルを標準の範囲に変換しますか?」のメッセージが表示されるので、「はい」をクリックします。
あるいは、テーブル内で右クリックしてショートカットメニューから「テーブル」→「範囲に変換」をクリックします。
テーブルの書式はそのままになります。テーブルは、既存の表を元に作成することができますが、空白のセルを選択して作成し はじめから作っていくこともできます。また、Excel2003では、リストを作成してフォームを表示することができましたが、Excel2007では「フォーム」は設定しないと使えません。フォームを使うにはを参照してください。フォームを表示すると、テーブルもフォームから入力することができるようになります。

あなたへのおすすめ


更新情報