箇条書きの自動設定

Word2007では、箇条書きの行頭文字を入力して、文字を入力。そして、「Enter」キーを押しても 箇条書きに自動設定されません。Word2003では、このタイミングで自動設定されていました。

Word2007では、行頭文字を入力したあと、スペースキーで空白を入力すると、「オートコレクトのオプション」ボタンが表示されます。

「段落番号」の場合は、Word2003の場合と変わりません。番号と文字入力、「Enter」キーを押したタイミングで自動設定されます。

また、「オートコレクトのオプション」ボタンから「箇条書きを自動的に作成しない」を選択すると、
Word2007では、空白が表示されます。
Word2003では、↓のように「箇条書きを自動的に作成しない」を選択しても空白は表示されせん。


※ 「オートコレクトのオプション」の中の「オートコレクトオプションの設定」が「オートフォーマットオプションの設定」に変わってますね。
Word2007も箇条書きの自動設定のオン、オフの切り替えは、「オートコレクト」ダイアログボックスから行うことができます。
「Office」ボタンをクリックして、「Wordのオプション」をクリックします。

「文章校正」から「オートコレクトのオプション」をクリックします。
「オートコレクト」ダイアログボックスの「入力オートフォーマット」タブにあります。

※「オートコレクト」ダイアログボックスの「定型句」タブがなくなり、「数式オートコレクト」に変わっています。