Windowsアドレス帳へインポート

スタートボタンをクリックして、「すべてのプログラム」をクリックすると、
スタートメニューの中に「Windowsアドレス帳」が表示されます。

「Windowsメール」を起動させても、「アドレス帳」を表示させることができます。
「Windowsメール」のツールバーの中に「アドレス帳」があります。

メニューバーの「ツール」→「Windowsアドレス帳」をクリックしても同じです。

アドレス帳のツールバーに「インポート」ボタンがあります。
他の住所録をインポートするには、このボタンをクリックします。


「インポート」をクリックすると、↓のようなメッセージウィンドウが表示されます。
「CSVファイルの場合は、メモ帳でファイルを開き、文字コードの形式をUTF-8に指定して保存し直してください。」と書いてあります。
CSVファイルをメモ帳で開いて、保存するときに「名前を付けて保存」ダイアログボックスの「文字コード」から「UTF-8」を選択して「保存」ボタンをクリックします。

UTF-8で保存した住所録のインポートが開始されます。
通常のCSVのままでは「インポートするフィールドの割り当て」で、文字化けしてしまいます。


更新情報