最近使った項目を表示したくない

スタートメニューの「最近使った項目」をポイントすると、最近使用したファイルの一覧が表示されます。
ここに表示されたファイルをクリックすると、ファイルを開くことができます。
でも、表示したくないという方も多いですね。
一覧の中の一つを非表示にしたいのであれば、そのファイルで右クリックします。
そして、ショートカットメニューから「削除」をクリックします。
表示されたファイルを一気に削除したいのであれば、「最近使った項目」で右クリックして、「最近使った項目の一覧のクリア」をクリックします。
↓のように「最近使った項目」は「なし」と表示されるようになります。
スタートメニューから「最近使った項目」を非表示にすることもできます。
「スタート」ボタンを右クリックして、ショートカットメニューから「プロパティ」をクリックします。
「タスクバーと[スタート]メニューのプロパティ」ダイアログボックスが表示されます。
「[スタート]メニュー」タブをクリックして開きます。
「最近使用したファイルの一覧を保管し表示する」のチェックボックスをオフにして、「OK」ボタンをクリックします。
「スタートメニュー」に「最近使った項目」は表示されなくなります。

一つだけ表示したくない、一覧をクリアしたい、スタートメニューに表示したくない場合など
自分の目的にあった方法で設定してくださいね。