枠線と行列番号の表示、非表示

枠線を非表示にするには、「ページレイアウト」タブの「シートのオプション」グループの「表示」のチェックボックスをオフにします。
リボンのボタンをポイントすると表示されるスーパーツールチップには、↓のように書かれています。
シートの行と行の間、および列と列の間に線を表示します。これによりシートが見やすくなり、また編集しやすくなります。
この線は[印刷]がオンになっていない場合は印刷されません。

枠線を非表示にすると、↓のようになります。
また、同じ「シートのオプション」グループの「見出し」の「表示」をオフにすると、行列番号が非表示になります。
スーパーツールチップには、↓のように書かれています。
行見出しと列見出しを表示します。
行見出しは、シートの横に表示される行番号です。
列見出しは、シートの列の上に表示される文字または数字です。

オフにすると、↓のように行番号と列番号が非表示になります。
ワークシートの表示領域が少し広がりますね。
また、「表示」タブの「表示/非表示」グループから、設定することもできます。
ここでは、「ルーラー」や「メッセージバー」の表示/非表示の設定もできます。
「ルーラー」は、表示モードが「ページレイアウト」のときに有効になります。
「メッセージバー」はマクロを含むワークブックなどで有効になります。
メッセージバーとは、リボンの下に表示されるバーのことです。