データベース分割ツール

「データベースツール」タブに「Accessデータベース」があります。
これをクリックすると、「データベース分割ツール」が表示されます。
この分割ツールを使うと、バックエンドデータベース(テーブルだけのファイル)とフロントエンドデータベース(テーブル以外のオブジェクトのファイル)に分割できます。

「データベースの分割」ボタンをクリックして、保存先を指定して名前をつけて保存します。
既定では、自動的に名前の後ろに「_be」とつきます。
↓のようにテーブルだけのデータベースが作成されます。



フロントエンドデータベースでは、↓のようにテーブルに矢印のアイコンがついて、リンクテーブルとなります。


フロントエンドデータベースでは、フィールドの追加や削除、テーブル構造は変更できません。
サーバにバンクエンドデータベース、クライアントにフロントエンドデータベースを置いて使用することができます。また、データベースの容量も小さくできます。

分割ツールのウィンドウにも明記してありますが、バックアップを作成してから行ってください。
バックアップは、「Officeボタン」をクリックして「管理」から「データベースのバックアップ」を選択して行います。


更新情報