グラフのデータの編集

PowerPoint2007では、グラフの操作も変わりました。
↓は、PowerPoint2003です。スライドレイアウトから「グラフの挿入」アイコンをクリックしたところです。
メニューバーの「挿入」から「グラフ」をクリックしても挿入できます。
グラフを挿入した後、編集する場合はグラフでダブルクリックすると元データが表示されていました。

↓は、PowerPoint2007です。
スライドレイアウトから「グラフの挿入」ボタンをクリックします。
「挿入」タブの「図」グループから「グラフ」ボタンをクリックして挿入することもできます。
「グラフの挿入」ダイアログボックスが表示されます。
グラフの種類からグラフを選択して、「OK」ボタンをクリックします。
サンプルデータが入力されたExcelウィンドウが表示されます。


このサンプルデータを修正すると、PowerPointのグラフに反映されます。
Excelがインストールされていない場合は、Microsoft Graphが起動します。
Excelを閉じた後にデータを修正する場合は、グラフをクリックして「グラフツール」の「デザイン」タブ「データ」グループの「データの編集」ボタンをクリックします。


あるいは、グラフ上で右クリックします。
ショートカットメニューの「データの編集」をクリックします。
ついついグラフ上でダブルクリックしたくなりますが、ダブルクリックしてもExcelの元データは表示されません。
また、「データの選択」ボタンをクリックすると、

データの範囲を変更することができます。「行/列の切り替え」ボタンもあります。
「グラフツール」の「レイアウト」タブは↓のようになっています。
ここでグラフの編集はほとんとできると思います。



更新情報