ポップヒントについて

Office Systemでは、ポップヒントの表示方法を切り替えられるようになっています。
ポップヒントとは、リボンのコマンドにマウスをポイントしたときに表示される小さな表示のことです。

「Officeボタン」をクリックして「・・・のオプション」をクリックします。
下はAccessのオプションダイアログボックスです。
「基本設定」の「Accessの使用に関するオプション」で「ポップヒントのスタイル」の▼ボタンをクリックします。
・ポップヒントに機能の説明を表示する
・ポップヒントに機能の説明を表示しない
・ポップヒントを表示しない

上記3つの中から選択できるようになっています。
既定では「ポップヒントに機能の説明を表示する」になっていると思います。
「ポップヒントに機能を表示する」の設定の場合は、下のようになります。
コマンドによっては、ヘルプへのリンクが表示される場合もあります。コマンドによって違います。

↓は、「ポップヒントに機能の説明を表示しない」の設定をした場合です。

ただ、間違って表示されてるものもあるようです。
↓はAccess2007の「作成」タブの「分割フォーム」をポイントしたところです。
上のセクションと下のセクションが逆になっていると思います。
PowerPoint2007の「ホーム」タブのレベル上げとレベル下げも逆だと思うのですが・・・

このポップヒントが邪魔くさいと思う方も多いようですが、初心者の方へ指導する場合はポップヒントも重要です。
Word2003では、ポップヒントの表示、非表示の設定がありました。
Wordで設定すると、ほかのアプリケーションにも反映されていました。
2007では各アプリケーションで設定することができますが、一つのアプリケーションで設定すると やはり他のアプリケーションにも反映されるようです。
各アプリケーションで設定できるようになったのに・・なぜ連動してしまうんでしょ?
なんだかなぁーです。


更新情報