Wordのマクロはキーボード操作で

Word2007でマクロを作成する場合は、「Officeボタン」をクリックして「Wordのオプション」をクリックします。
「Wordのオプション」ダイアログボックスの「基本設定」で「「開発」タブをリボンに表示する」のチェックボックスをオンにして、「OK」ボタンをクリックします。


リボンに「開発」タブが表示されます。
作成された文書をコピーして貼りつけるマクロを作成しようと思います。

「マクロの記録」をクリックして、「マクロ名」をつけて「OK」ボタンをクリックして開始します。

マクロの記録が開始されると、↓のようにマウスポインタの形が変わります。

文書全体を選択するには、「Ctrl」キーと「A」キーを押します。
Wordのマクロでは、文字列の選択をする場合、マウスを使用して選択はできません。
必ずキーボードから操作します。以下は、Wordのヘルプです。


「Ctrl」キーと「A」キーを押して全体を選択して、「ホーム」タブのコピーボタンをクリックします。「Ctrl」キーと「C」キーでもいいです。
そして、行末カーソルを移動させるには「End」キーを押します。
「ホーム」タブの「貼り付け」ボタンをクリックします。あるいは、「Ctrl」キーと「V」キーを押します。

以上の操作を終えたら、「開発」タブの「記録終了」ボタンをクリックします。
「Visual Basic」ボタンをクリックすると、コードが表示されます。

実行するには、「マクロ」ボタンをクリックして、マクロ名を選択して「実行」ボタンをクリックします。
マクロボタンは、クイックアクセスツールバーに登録することもできます。
「クイックアクセスツールバー ツールバーのカスタマイズ」から、「その他のコマンド」をクリックします。

「コマンドの選択」の▼ボタンをクリックして、「マクロ」を選択します。
作成したマクロが表示されますので、選択して「追加」ボタンをクリックします。


↓のようにクイックアクセスツールバーにマクロが表示されます。便利ですね。