DVDメーカー

VistaのHome Premium と Ultimateには、標準にでDVDメーカーが搭載されています。
デジタルビデオカメラからの取り込みや、映像ファイルの編集はできませんが、簡単にDVDを作成することができます。お使いのパソコンがDVDドライブが書き込みに対応している必要もあります。
DVDに書き込むための映像ファイルは、Windowsムービーメーカーなどを使って作成してください。

「スタート」ボタンから「すべてのプログラム」→「Windows DVDメーカー」をクリックします。


初回は、「DVDで思い出を共有」が表示されると思います。
ウィンドウの右下にある「写真とビデオの選択」ボタンをクリックします。


「項目の追加」をクリックします。

「項目をDVDに追加」ウィンドウが表示されます。
フォルダを指定して、目的の映像ファイルを選択します。複数選択する場合は、Ctrlキーを使うと便利です。
「追加」ボタンをクリックします。

映像ファイルが追加されます。
「ディスクタイトル」のテキストボックスをクリックして、ディスクタイトルを入力します。
「次へ」のボタンをクリックします。

「ディスクへの書き込みの準備」が表示されます。
右側にある「メニューのタイトル」からメニューに使いたいスタイルを選択します。
たくさん用意されていますので、いろいろ試してみてください。
「プレビュー」をクリックします。


「再生」をクリックすると、開始されます。
「メニュー」をクリックすると、またメニューに戻ります。


メニューに戻って「シーン」をクリックすると、


下のように、キャプタを選択する画面が表示されます。



再生中にボタンの操作をして、画面を切り替えることができます。


プレビューを確認したら、「OK」ボタンをクリックします。


「メニューテキスト」をクリックすると、


下のようにフォントの変更やメモを追加することができます。「再生」や「シーン」の文字も変更可能です。
「メモ」欄にメモを入力すると、メニューに「メモ」が表示されるようになります。

変更した場合は、「テキストの変更」ボタンをクリックします。


「メニューのカスタマイズ」ボタンをクリックすると、


下のようにフォントの変更や、シーンボタンのスタイルも変更できます。
変更した場合は、「スタイルの変更」ボタンをクリックします。


プレビューで確認したとおりでよければ、「書き込み」ボタンをクリックします。


DVDへの書き込みが始まると、下のような画面が表示されます。


DVDへの書き込みが終わると、「ディスクに書き込まれました」と表示されます。
もう一枚同じDVDを作成するには、別のDVDをセットした後、「このディスクの別のコピーを作成する」をクリックします。
終わってよければ、「閉じる」ボタンをクリックします。

「ファイル」から「名前を付けて保存」をクリックします。

プロジェクトを保存しておくと、再度 編集することができます。
ファイル名」を付けて「保存する」ボタンをクリックします。

再度、編集する場合は、DVDメーカーを起動させて、「ファイル」から「プロジェクト ファイルを開く」をクリックします。

保存先フォルダを指定して、プロジェクトを選択します。

また、オプションからビデオ形式を変更することもできます。
ウィンドウの右下にある「オプション」をクリックします。
「DVDオプション」では、「DVDの再生設定」、「DVDの構成比」、「ビデオ形式」、「DVDの書き込み速度」、「一時ファイルの場所」の設定ができます。

DVDメーカーで画像を追加して、スライドショーを作成することもできます。

あなたへのおすすめ


更新情報