ゴールシーク

Excelには、「ゴールシーク」という機能があります。

ゴールシークとは、最適化分析ツールとも呼ばれるコマンド群の要素の 1 つで、数式 の計算結果が目的の値となるように、数式に代入する値の最適値を求める方法です。(マイクロソフトのヘルプより)

簡単にいうと逆算できる機能です。
とても簡単な例ですが、↓のような表があります。
セルB6には、数式「=SUM(B2:B5)」が入力されています。
上司から予算を15000万円にしてほしいと言われたとします。
そして、「システム部」の予算を削ることにします。
「データ」タブにある「What-If分析」の「ゴールシーク」をクリックします。

「ゴールシーク」ダイアログボックスが表示されます。
「数式入力セル」にセルB6を指定します。目標値に「15000」と入力します。変化させるセルにセルB5を指定します。「OK」ボタンをクリックします。

システム部の予算は「1,296」と表示されます。
とても簡単な例で、こういうツールを使う必要ないほどですが、数式が複雑な場合ほど役立つと思います。


*************************************
もうひとつ、簡単な例ですが、↓のようにセルB1に数式が入力されています。
日数や人数が決まっている場合、売上目標を定め 一日の売上目標を算出することもできます。
売上目標を10,000,000にするには、一日の売上を500にしなければなりません。

Excel2003では、メニューバーの「ツール」→「ゴールシーク」です。

似たような分析ツールの一つに、「ソルバー」というのがあります。
ソルバーについては、↓で解説しています。
ソルバー