2行ずつ色が違う縞模様の表を作成するには

Word2007で2行ずつ色が違う縞模様の表を作る方法を解説します。

「挿入」タブの「表」をクリックして、目的の列数と行数をドラッグして表を作成します。

「表ツール」の「デザイン」タブをクリックして「表のスタイルの変更」をクリックします。

「スタイルの変更」ダイアログボックスが表示されます。
「書式」-「書式の適用」から「奇数行の縞模様」を選択して、塗りつぶしの色を指定します。


次に「偶数行の縞模様」を選択して、塗りつぶしの色を選択します。


「書式」ボタンをクリックして、「縞模様」をクリックします。

「縞模様」ダイアログボックスが表示されます。
「列方向の縞の幅」を「2」にして、「OK」ボタンをクリックします。

プレビューで確認して「OK」ボタンをクリックします。

↓のように2行ずつ色が違う縞模様の表ができます。


Word2003でも解説しています。

2行ずつ色が違う縞の表 | Word2003 | 初心者のためのOffice講座

2行ずつ色が違う縞模様の表 : 初心者のためのOffice講座-SupportingBlog1

Word2016では、新しい表のスタイルを作成する方法で解説しています。

表の縞模様を1行3列おきに設定するには(新しい表のスタイルを作成) | Word2016 | 初心者のためのOffice講座


【あなたへのおすすめ】



人気記事TOP10

  • システムからCSVでデータをダウンロードできるようになっているものって多いですね。 でも、ダウンロードしたCSVを直接シングルクリックやダブルクリックで開くのは危険です。 アイコンをシングルクリックやダブルクリックすると、おそらくExcelが起動すると思いますが、E...

  • Excelのワークシートで、必要な範囲のみを表示して、他のシート部分は見えないようにしたいのですが・・・と、ご質問を受けることがあります。 ウィンドウ枠を固定して、不要な行列を非表示にすることでスクロールもできないワークシートを作成することができます。 Excelのバージョ...

  • グラフの種類の中に「補助円グラフ付き円グラフ」というのがあります。 ↓のようなグラフです。 一項目の内訳を別の円グラフに表示したい場合に便利です。 元データは↓のようになっています。 九州地区の内訳は別表に作成されています。 グラフの元データの選択 グラフの...

  • デジタルカメラで動画を撮ったけど、横向きに撮ってしまったということがあります。 写真なら、簡単に回転させることができるけど、動画はできないと思っていらっしゃる方も多いようです。 ムービーメーカーの起動 ムービーメーカーを使うと回転させることができます。 ムービーメーカー...

  • A4用紙に4枚印刷する方法です。 作成する文書は、はがきサイズで作成します。(※A4サイズのままでも出来ます) Officeボタンをクリックして、「印刷」をクリックします。 「印刷」ダイアログボックスが表示されます。 印刷範囲の「ページ指定」に半角で「1,1,1,1」と...

  • A列とB列に下のように値が入力されていて、隣り合ったセルの値が同じならセルに色を付ける方法です。条件付き書式を使うと便利です。 範囲選択 まず、範囲選択します。 条件付き書式の新しいルール 範囲選択したまま「ホーム」タブの「条件付き書式」から「新しいルール」...

  • Excelブックを時々、読み取り専用として開いた後、編集する必要があると分かった場合   また閉じて開きなおすのは面倒ですね。 また、参照するだけでいいんだけど、今 開くと他の人が編集できなくなるしなぁと遠慮してしまうことがありませんか? こういう場合は、読み取り専用として...

  • IE10を使ってます。 時々、いらいらしてしまうのですが、ウィンドウ左上にある「戻る」ボタンをクリックしても戻らないことがあります。 検索してみると、IEの設定をリセットすると良いらしいとのこと。 「ツール」から「インターネットオプション」をクリック。 「詳細設定...

  • ファイルのパス名をクイックアクセスツールバーに表示する方法です。 Excel2007での解説ですが、WordやPowerPointでも同じです。 Officeボタンをクリックして、「Excelのオプション」をクリックします。 「Excelのオプション」から「ユ...

  • メール本文中にURLやイントラネットのフォルダのパス名を書くと、 自動的に青字のハイパーリンクになりますが、パス名などに日本語名が入ると途中までしか青字にならず、リンクしないですね。 そういう場合は、<>でパス名を囲んでみてください。"ダブルコーテーシ...