波線を表示しない

スペルチェック機能の「波線を表示しない」の項目は、PowerPoint2003では ↓のように「スペルチェック」と「日本語文章校正」の2項目ありました。

たとえば、でたらめな入力をすると、↓のように赤い波線が現れます。
スペルがおかしくないですか?と教えてくれる便利な機能です。

入力中に突然赤い波線が現れて気になるとおっしゃる方は多いですね。印刷されるわけではありません。
この赤い波線は非表示にすることができます。

「Office」ボタンをクリックして、「PowerPointのオプション」をクリックします。

「PowerPointのオプション」ダイアログボックスの「文章校正」をクリックします。
「PowerPointのスペルチェック」の「スペルチェックの結果を表示しない」のチェックボックスをオンにします。
↓のように赤い波線を非表示にすることができます。
2003では、「スペルチェック」と「文章校正」は別々にオン、オフを切り替えることができたのですが、PowerPoint2007では一つにまとめられています。

Word2007には、「文章校正とスペルチェックを一緒に行う」という項目があります。
緑の波線・赤の波線