フォントサイズ選択ボックス

これはいったい何のため?と思うのが、フォントサイズの選択ボックスです。

「ホーム」タブの「フォント」グループにあるフォントサイズの選択ボックスの▼をクリックすると、8から72まで表示されます。
その選択ボックスの一番下にある点4つ。これは、Office2003にはありませんでした。
図はWord2007ですが、ExcelやPowerPointにもあります。
Access2007には、ありません。


この4つの点の箇所をドラッグすると、上下に長さを調整することができます。




でも、フォントサイズを決定したあと、あるいはこのサイズボックスを非表示にして、再度 開くとまた72までの表示になっています。

なんのための機能なのでしょう?
フォントサイズテキストボックスの左にあるフォントのボックスにも同じ4点がついています。