埋め込みマクロ

Access2007でマクロを使う場合、気をつけてほしいことがあります。
「埋め込みマクロ」というのがあるのですが、これは2003以下のバージョンでは動作しません。

ボタンをクリックすると、データベースを終了させるようにしたいと思います。
↓のようにコマンドボタンを作成し、プロパティの「イベント」タブで「クリック時」を選択すると、
点が3つついたボタンが表示されます。
このボタンをクリックすると、「ビルダの選択」ダイアログボックスが表示されます。
この中の「マクロビルダ」を選択します。


「アクション」から「データベースを閉じる」を選択して、閉じようとすると、
「マクロに対して行った変更を保存して、プロパティを更新しますか?」とメッセージウィンドウが表示されますので、「はい」を選択します。


「プロパティ」の「クリック時」に[埋め込みマクロ]と表示されます。
ナビゲーションウィンドウには表示されません。
このマクロは、Access2003では動作しません。



「作成」タブから作成したマクロや、コマンドウィザードで作成したマクロは動作します。



「作成」タブから先にマクロを作っておいて、それを使った場合は2003でも動作します。
ただし、Access2007から、マクロアクションも増えていて、Access2003にないものは動作しませんので気をつけてください。
たとえば「データベースを閉じる」アクションは2007にはありますが、2003にはないので、2003では動作しません。


mdbを下位バージョンで利用する機会は多いと思いますので、気をつけてください。
Access2007マクロの基本(Microsoft)

コマンドボタンウィザードのページも参考にしてください。