関数のヘルプ

Excelで「COUNTIF」関数を使って、選択範囲内の条件に合うセルの個数を求めているけど、
うまくカウントできないという質問を受けました。

私がここで取り上げたいのは、COUNTIF関数の解説ではなく ヘルプの参照です。

範囲を選択して、「関数の挿入」ボタンを押すと、「関数の挿入」ダイアログボックスが表示されます。
ここで「COUNTIF」関数を選択する方法の一つを紹介します。

「関数の分類」で「すべて表示」を選択して、
「関数名」のどこかをクリックし「関数の検索」が反転されていない状態で、
求めたい関数のアルファベットの頭文字を半角英数でキーボードから押します。
「COUNTIF」なら「C」ですね。小文字、大文字はどちらでも構いません。


そうすると、↓のように「C」で始まる関数が反転します。
ここから下へドラッグすると、COUNTIF関数を見つけるのが早いですね。


COUNTIF関数を選択して、表示すると↓のように「関数の引数」ダイアログボックスが表示されます。
左下に「この関数のヘルプ(H)」がありますので、このリンク文字をクリックします。


そうすると、「COUNTIF関数」についての説明が表示されます。


スクロールバーを少し下へドラッグして、この説明を見てみてください。
とても分かりやすく解説されています。
ぜひ、下のほうへドラッグしてこの説明を読んでみてください。


困ったときは、やっぱりヘルプを参照すると便利です。