ラベル印刷ウィザード

Excel2007から人によっては超嬉しい機能が追加されました。

これまでラベル印刷を行うには、住所録はExcelで管理していても Wordなどで差し込み印刷を利用しなければなりませんでした。
Excel2007ではアドインを追加することで、Excelから直接ラベルへ印刷することができるようになりました。

まず、アドインの追加方法です。
「Office」ボタンをクリックして、「Excelのオプション」をクリックします。


「Excelのオプション」から「アドイン」をクリック。
「管理」から「Excelアドイン」を選択して「設定」ボタンをクリックします。


「アドイン」の中にある「ラベル印刷ウィザード」のチェックボックスをオンにして「OK」ボタンをクリックします。


「Office」ボタンから「印刷」-「ラベル印刷」をクリックします。


「ラベル印刷ウィザード・ステップ1/3」でラベル印刷に使用する範囲を指定します。
「先頭行を見出しとして使用する」のチェックをオンにするか、オフにするか確認してください。
「次へ」のボタンをクリックします。


「ラベルウィザード-ステップ2/3」では「ラベルの用紙の種類」を選択して、
「ラベル情報」も選択します。
「製造会社」は▼ボタンをクリックすると、他製造会社がたくさん表示されます。
「プレビュー」で使用するラベル情報を確認後、「次へ」ボタンをクリックします。


「ラベル印刷ウィザード-3/3」では、ラベルテンプレートを編集し作成します。
「選択可能な列」から、項目を選択して、「>」ボタンをクリックすると、右にある「ラベルテンプレート」に挿入されます。
ラベルテンプレートに挿入した項目は、ドラッグで自由に配置することができます。
編集ツールから大きさや色を変更することもできます。

ラベルテンプレートから項目を削除したい場合は、その項目を選択して「<」ボタンをクリックします。
「Delete」キーで削除することもできます。

テンプレートには、編集ツールから図やテキストも挿入することができます。


「プレビュー」ボタンをクリックして、確認します。


問題がなければ、プレビューを閉じて、プリンターにラベルをセット後、印刷を開始してください。


便利になったもんだ!
ただWordのようにテンプレート(レイアウト)の保存はできません。
Excel2007と、Excel2010の機能です。

Excel2010では、途中でエラーが出て先へ進めません。私だけでしょうか?
ラベル印刷ウィザード(Excel2010)