データに小数点以下を表示するには

Accessでデータに小数点以下の値を表示する方法です。
データ型に「通貨型」を選択して、「書式」は「数値」にします。
通貨型の精度は小数点以上15桁、小数点以下4桁です。

「書式」で「数値」を選択した場合は、「小数点以下表示桁数」で桁数を指定しても無視されます。
書式が [数値] の場合、[小数点以下表示桁数] で指定した桁数で表示されない


データシートビューでは、↓のように表示されます。

 ***********************************
「通貨型」で書式を「標準」にすると、3桁区切りの小数点以下は2桁の表示になります。

 *********************************

データ型に「数値型」を選択した場合は、
「フィールドサイズ」には、「単精度浮動小数点型」を選択します。

「バイト型」「整数型」「長整数型」では、少数の表示はできません。
しかし、不動小数点形式は誤差が発生するのであまりお勧めではありません。
小数点以下4桁までなら、通貨型がお勧めです。


Access データベースで使用できるデータ型やフィールド プロパティに関する情報