Insertキーを無効にする

入力していると、突然 入力がおかしくなった。
入力した文字が消えて、新しく入力した文字に置き換えられた。
という経験を持つ方は多いと思います。
これは、キーボードの「Insert」あるは「Ins」と印字されたキーを押したため、「挿入モード」から「上書きモード」に切り替わったためです。
Wordでは、「Insert」キーを無効にする設定があります。

「Office」ボタンをクリックして、「Wordのオプション」をクリックします。

「Wordのオプション」から「ユーザー設定」をクリックして「ショートカットキー」の「ユーザー設定」ボタンをクリックします。

このあとの設定は、Word2010と同じなので
Insertキーを無効にするを参照してください。
でも、この設定はWordだけです。

上書き入力モードになるのを防ぐには、「詳細設定」の「編集オプション」にある
「上書き入力モードの切り替えにInsキーを使用する」のチェックボックスをオフにする方法もあります。これは、「Outlook2007」にもあります。


メールを打ってるときに上書きモードになったら
「Insert」あるいは「Ins」キーを押して対処してください。
あるいは、詳細設定の「編集オプション」から設定しておくといいです。
↓のページが参考になると思います。