名前を選択範囲から作成

セルやセル範囲に名前をつけると、数式で利用したりデータを扱う場合にとても便利です。

選択範囲内に名前としたい項目名がある場合は、そのままその項目名を名前として利用することができます。
名前を付けたい範囲を選択します。「数式」タブにある「定義された名前」グループにある「選択範囲から作成」をクリックします。

 「上端行」「左端列」「最下行」「右端行」の中から、名前にしたい項目の位置のチェックボックスをオンにします。「OK」ボタンをクリックします。
この場合は「上端行」ですね。


「名前の管理」をクリックして確認します。

 「名前の管理」ダイアログボックスに先ほどつけた名前が定義されています。
名前の編集、削除などもここで行うことができます。


また2007では、ショートカットメニューからも設定できるようになりました。
セルやセル範囲で右クリックすると、ショートカットメニューの中に「範囲に名前を付ける」コマンドがあります。

これは従来の方法ですが、名前ボックスに名前を入力して「Enter」キーで確定する方法もあります。




更新情報