エクセルへエクスポート後の空白セル

Access2007でテーブルのデータをエクセルへエクスポートするには、テーブルで右クリックして、ショートカットメニューから「エクスポート」→「Excel」をクリックします。


あるいは、目的のテーブルを選択したまま、「外部データ」タブの「エクスポート」グループにある「Excel」をクリックします。


次のステップでは、↓のウィンウが表示されて、
書式設定を保持するか、しないかの選択できるようになっています。

まず、「書式設定とレイアウトを保持したままデータをエクスポートする」のチェックボックスをオンにしてエクスポートしてみました。


 ↓のようにデータをエクスポートすることができました。
このエクスポートした表には空白セルがあるように見えますが、ジャンプ機能を使って空白セルを選択しようとしても「該当するセルが見つかりません」とメッセージが表示されます。


「Ctrl」+「G」を押して、「ジャンプ」ダイアログボックスを表示します。
「セル選択」ボタンをクリックします。


 「選択オプション」から「空白セル」を選んで、「OK」ボタンをクリックします。


「該当するセルが見つかりません。」というメッセージウィンドウが表示されます。


*********************************************
今度は、データのエクスポートの選択画面で「書式設定とレイアウトを保持したままデータをエクスポートする」のチェックボックスをオフにしてエクスポートしてみました。

上記と同じように空白セルを選択の操作をすると、↓のようにデータがないセルは、空白セルとみなされ 選択されます。


データがないセルを空白セルとみなされた方が良い場合、あるいはデータ範囲とみなされたほうが良い場合など、エクセルへ出力したあとの操作で効率のよいほうを選択されるといいと思います。