Ctrlキーを押しながらクリックしてリンク先を表示の設定

Outlook2007のメール作成中にURLを入力して、マウスでポイントすると↓のように「Ctrlキーを押しながらクリックしてリンク先を表示」というポップヒントが表示されます。


この機能は、設定でオフにすることができます。
メニューバーの「ツール」から「オプション」をクリックします。

「オプション」ダイアログボックスの「メール形式」タブにある「編集オプション」ボタンをクリックします。

「詳細設定」の「Ctrlキー+クリックでハイパーリンクを表示する」のチェックボックスをオフにします。


 ↓のようにポップヒントの表示も変わり、クリックのみでリンク先を表示できるようになります。

ただし、この設定にするとURLの編集はやりにくくなります。

以下、マイクロソフトのサポートページの抜粋です。

[Ctrl キー + クリックでハイパーリンクを表示する]    このチェック ボックスをオンにすると、ハイパーリンクの文字列の編集が容易になります。このチェック ボックスをオンにした場合、リンク先に移動するには、Ctrl キーを押しながらリンクをクリックする必要があります。このチェック ボックスをオフにした場合、リンクをクリックするとリンク先に移動するので、リンクの文字列の編集が困難になります。
この設定をオフにしたままハイパーリンクの文字列を編集する場合は、ハイパーリンクの文字列で右クリックして、ショートカットメニューの「ハイパーリンクの編集」をクリックします。

「ハイパーリンクの編集」にある「表示文字列」で編集します。