テキストボックスの文字をプレースホルダーに貼り付け

PowerPoint2007から、マクロの記録機能はなくなりました。
下は、PowerPoint2007の開発タブですが、マクロの記録ボタンはありません。

ですが、PowerPoint2007では、キー操作によって「マクロの記録」ダイアログボックスを表示することができます。※PowerPoint2010以降はできません。
「Alt」→「T」→「M」→「R」と順に押していくと、表示することが可能です。

************************************
PowerPointを独学された方の中には、プレースホルダーの使い方を知らず、すべてテキストボックスで構成される方も多いようです。

下のスライドはテキストボックスに文字入力して、それをタイトルとしています。
テキストボックスに入力した文字は、PowerPointに格納されませんので、アウトライン表示にしたときに表示されません。
それでも構わないという方もいますが、PowerPointの機能を有効に活用したいのであれば、プレースホルダーに文字入力したほうが良いです。せめて、タイトルだけでもプレースホルダーを使用されたほうが良いと思います。

上記のようなことをお話すると、既にあるテキストボックスを簡単にプレースホルダーに変更できませんか?と質問を受けることがあります。
既に削除してしまったプレースホルダーは「リセット」ボタンで復活させることはできます。
テキストボックスを右クリックしてショートカットメニューに「プレースホルダーに変換」なんていうメニューはありません。テキストボックスの文字をコピーして、プレースホルダーに貼り付けなければなりません。

テキストボックスの文字列をコピーして、プレースホルダーに貼り付けする作業を少しだけ効率的にできるようにPowerPoint2007のマクロの記録を使用してマクロをを作ってみました。

リセットボタンをクリックして、プレースホルダを表示させます。


 テキストボックスを選択した状態で、「開発」タブの「マクロ」をクリックして、マクロダイアログボックスから「テキストボックスの文字をプレースホルダーに」を選択して「実行」ボタンをクリックします。

プレースホルダーに文字が貼り付け、テキストボックスはカットします。

一部自動マクロを使ってコードを取得しましたが、他はVBEに直接入力しています。
もしかしたら、もっと簡単にできるのかもしれませんが・・・(^^ゞ
参考程度に見ていただけたら幸いです。

PowerPoint2010、2013でもVBEに入力して使用することができます。
マクロを有効にするには、「PowerPointマクロ有効プレゼンテーション(*.pptm)」として保存する必要があります。


更新情報