変更履歴

職場では、Access2013を使用しています。
先日、「このテキストボックスの履歴を見れたらいいね。」ということになり、
そう言えば、簡単に履歴を表示することができたはずと思ったのですが・・・
なんと、Access2013にはメモ型フィールドがなくなっていて、便利だった履歴の表示ができなっていました。

Access2007、Access2010ではメモ型フィールドのプロパティで「追加のみ」を「はい」に設定しておくと、フィールドの履歴を収集することができました。

更新履歴の表示

じゃ、追加クエリを使ってテーブルに変更履歴を残す方法をとるしかないなと、
変更履歴テーブルの作成で紹介しているように、追加クエリを使用して変更履歴テーブルを作成することにしました。
更新履歴がNULLのレコードは削除する削除クエリも作成。
マクロ(追加クエリ実行の後、削除クエリ実行)を作成して、フォームの「更新後処理」イベントに設定。
テキストボックスの横にボタンを設置して、変更履歴のボタンをクリックすると、履歴テーブルを元に作成した履歴フォームが起動できるように作成しました。

Access 2013 で廃止、変更された機能(Microsoft)


更新情報