Windowsメール

「OutlookExpress」に代わって、「Windowsメール」が登場しました。
名前に「Outlook」が付かなくなったのは、いいですね。
「Microsoft Outlook」と間違われることが多かったですものね。

「Word」と「ワードパッド」もよく間違われるのですが、ワードパッドは「ワードパッド」のままですね。

スタートメニューの中に「電子メール Windowsメール」が表示されています。


もし、スタートメニューになければ「すべてのプログラム」をクリックすると、表示されると思います。
スタートメニューのアイコンは、カスタマイズすることができます。
「スタートボタン」を右クリック。ショートカットメニューから「プロパティ」をクリックします。
「タスクバーと[スタート]メニューのプロパティ」ダイアログボックスの「[スタート]メニュー」タブの「カスタマイズ」ボタンをクリックします。
「電子メールリンク」の▼ボタンをクリックすると、現在 使用できるメールソフト(メーラー)が表示されます。その中から選択できるようになっています。
チェックボックスをオフにすると、非表示になります。

OutlookExpressのときと使い方は、ほぼ同じですが、
メニューバーの「ツール」に「迷惑メールオプション」があって、迷惑メールの設定が強化されています。 「迷惑メール」フォルダも既定で追加されています。
あっ、ここでひとつお気づきになりましたか?
「ツール」メニューの中に「差出人をアドレス帳に追加する」があります。
これは、OutlookExpressのときは「送信者をアドレス帳に追加する」でした。

処理レベル等を設定できるようになっています。

また「Windowsカレンダー」がツールバーから起動できるようになっています。
Windowsカレンダーは、「ツール」メニューからも起動できます。


HTML形式の背景のテンプレートの種類が増えています。
書式をリッチテキスト形式にして、メニューバーの「書式」→「ひな形を適用」をクリックすると、10種類のテンプレートが用意されています。

このテンプレートは「メールの作成」の右側にある▼ボタンをクリックしても表示されますので、ここからひな型を利用したメールを作成することができます。
テキスト形式であっても、自動的にHTML形式になります。
また、メッセージの作成で宛名欄にアドレスを入力して「Enter」キーを押しても、改行しないようになってますね。「Outlook Express」では「Enter」キーを押すと改行してました。
メールアドレスのオートコンプリート機能を使う設定にしている場合は改行しませんが、オートコンプリート機能をオフにしていると改行します。

OutlookExpressについては、初心者のためのOffice講座で少し解説しています。
ご参考になれば幸いです。

↓も関連記事です。
削除済みアイテムはごみ箱に
Windowsメールの連絡先はない
メールアドレスのオートコンプリート機能
Windoesメール送信時の言語設定
メールの保存場所
Windowsメールのウィンドウのレイアウト
メールでの再変換
Windowsメールの印刷
Windowsメールの差出人の変更
メールが消えた