メールでの再変換

Microsoft Outlookでは、WordやExcelと同じように

「Enter」キーで確定した後でも、文字列の中にカーソルを置いて「変換」キーを押すと、
再び 変換候補一覧を表示させることができます。だから、間違って変換しても選択し直すことができます。
でも、Windowsメールでは同じように操作しても、変換候補を表示させることができません。
インターネット上で文字を入力する場合も、「変換」キーで再変換できないですね。

こういう場合は、文字列をドラッグで範囲選択して「変換」キーを押すといいです。

Windowsメールの関連記事です。
Windowsメール
削除済みアイテムはごみ箱に
Windowsメールの連絡先はない
メールアドレスのオートコンプリート機能
Windowsメールの送信時の言語設定
メールの保存場所
Windowsメールのウィンドウのレイアウト
Windowsメールの印刷
Windowsメールの差出人の変更
メールが消えた